福岡で流行のプチ整形やクリニックを知りたい方に必見!

福岡プチ整形.com トップ > プチ整形の基礎知識 > 胸について

胸について

バストアップの為にはまずは乳房を知る事が大切!

女性ならではの魅力である、「膨らんだ胸」。これを『もっと大きくしたい』、『形を綺麗に整えたい』という願望を持つ女性も多いでしょう。この願いは、プチ整形で叶えることが出来ます。しかし、豊胸効果のあるプチ整形を受ける前に、しておくべきことがあります。それは、「胸に関する知識を把握する」ということです。胸は、「授乳」や「女性ホルモン」に大きく関係する大切な器官です。この点をきちんと把握することで、施術をより成功に近づけます。ここでは胸に関する基礎知識を、福岡にある美容外科の紹介も交えながら紹介します。
乳房の構造
乳房の構造ってどうなっているのか知っていますか!?
皆さんは「胸の構造」を考えたことあるでしょうか。一人ひとり、胸の大きさや形は異なりますが、これは「"胸の構造"が異なる」ためです。胸は、乳腺と脂肪で出来ており、それを皮膚が包んでいる状態です。そして胸内部には、「葉」と呼ばれる塊があります。ここでは母乳が作られています。多くの女性が気にする胸の大きさ、これは胸の脂肪量で決まります。脂肪が多いと胸は大きくなり、脂肪が少ないと小さくなるのです。しかし、胸の大きさが決まるのはそれだけでなく、妊娠し、乳腺が発達すると、胸は大きくなります。また、老化とともに胸内部の機能が衰退すると、胸は張りを失い、垂れ下がっていきます。このような胸の基本的な構造を把握することで、自分に適したプチ整形を受けられます。福岡でプチ整形を受けたい女性は、まず自分の胸の構造を確かめましょう。
女性ホルモンとバストの発育
女性らしさを維持するために欠かすことが出来ない、「女性ホルモン」。実は、胸の膨らみに大きく関係します。女性ホルモンの一種である「エストロゲン」は、"胸の形成"、そして"張りを持たせる"という役割を担っています。エストロゲンの分泌は、排卵直後が盛んであり、しばらく経つと分泌が終わります。この際、「プロジェステロン」という成分も同時に分泌され、受精しなかった場合、体の外へ排出されます。"エストロゲンが体内に存在し、しばらくして体外へ排出される"というサイクルが月に1回行われることにより、胸は良い状態を保っているのです。福岡で胸のプチ整形を受ける場合は、医師に女性ホルモンへ影響があるかどうかを、きちんと確認しましょう。そうすることで、エストロゲンのサイクルへ影響を及ぼすことなく、施術を進めることが出来ます。 主に"胸の形成"、"張りの維持"に大きく関係する女性ホルモンですが、これにはまだ大きな役割があります。それは「胸の発育」です。女性ホルモンが分泌されるのは、思春期が始まる頃です。それと同時に体内にエストロゲンが増えることで、胸の発育がスタートします。胸の発育というと、『胸が膨らむだけ』と思われがちです。しかし、それは発育の最終段階であり、実際はその前の過程で乳輪の大きさや色までも変化しているのです。このような流れで行われる胸の発育は、誰もが同じスピードというわけではありません。また、左右の胸が必ずしも同じように発育するとは限りません。しかし、思春期を過ぎても胸の発育が見られない場合は、卵巣機能の異常、またはエストロゲンの無作用などが考えられます。美容外科でプチ整形を受けたいという福岡の女性は、「胸と女性ホルモンの関係性」、そして「胸の発育」についてある程度把握しておくことが大切です。

胸に関する施術の評価が高いクリニック

品川美容外科 福岡院

品川美容外科 福岡院

最寄り駅から5分歩くと医院に辿り着く、「アクセス面の良さ」。そして人気施術である、「豊胸術の技術面の高さ」。さらに、親身に行う「カウンセリング」、そして「アフターケア」。このように、すべてにおいて完璧であることこそ、品川美容外科福岡院の最大の魅力です。福岡で胸のプチ整形を受けるのなら、この医院の利用がオススメです。

公式サイトで詳しくチェック

おすすめ
PLATINACLINIC 福岡院

PLATINACLINIC 福岡院

「綺麗な仕上がり」=「生活に支障をきたさない」、という考えを持つPLATINACLINIC福岡院。そのため、福岡にある他の医院とは全く異なる技術、治療法を取り入れています。これは福岡院で扱っている美容整形・プチ整形など、全ての施術に当てはまります。安心感を持って美容整形を受けたい福岡の女性にオススメです。

詳しくチェック

おすすめ