福岡で流行のプチ整形やクリニックを知りたい方に必見!

福岡プチ整形.com トップ > プチ整形の基礎知識 > 二重について

二重について

日本人は一重まぶたが当たり前!?

二重まぶたの日本人は全体の3割しかおらず、残り7割は一重まぶただといわれています。世界的に見ても一重まぶたの人種はめずらしく、日本や中国、モンゴルなどの北東アジア圏が中心です。アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ系の欧米人に一重まぶたの人はほとんどいません。日本人の二重まぶたに最も多くみられるタイプは、奥二重の末広型です。ほとんどの日本人に蒙古斑があるため、平行二重の人は極稀です。二重まぶたである白人や黒人は、額と鼻が突き出ており、目元は眉より奥にくぼんでいるためまぶたの皮膚が薄く二重まぶたになるのだと考えられます。
二重まぶたの構造
まぶたの構造ってどうなっているのか知っていますか!?
人間の眼球の大きさはほとんど同じです。まぶたの開き具合によって、目が「大きい」「小さい」と格付けされます。まぶたの役割は、目の潤いを維持して眼球を守ることです。これは一重まぶたも二重まぶたも変わりません。まぶたは筋肉によって閉じたり、開いたりします。この筋肉に一重まぶたと二重まぶたの違いがあります。一重まぶたの人は、筋が一本しかありませんが、二重まぶたの人はこの筋が枝分かれしています。枝分かれしていることが二重線の要因です。この部分が睫毛近くにあると、目を開いたときにあまり二重線が見えない奥二重になります。筋以外にも脂肪量によって一重まぶたになるか、二重まぶたになるかは異なります。まぶたの脂肪が少なく、皮膚が薄いと二重になるため、加齢により目元の皮膚が薄くなったことで二重まぶたになったという人も多くいます。
ターンオーバーと女性ホルモン

一重まぶたと二重まぶたの違いは、「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」というまぶたの筋にあります。この筋が枝分かれしていると二重まぶたになります。なぜ、枝分かれしていると二重まぶたになるのかというと、眼瞼挙筋と皮膚がくっついている状態になってしまうためです。これにより、目を開けたときに眼瞼挙筋に引っ張られたまぶたにシワ(二重線)が出来るというわけです。眼瞼挙筋の枝分かれ部分は人によって異なります。まつ毛付近が枝分かれしている人は、目を開けたときにあまり二重線が見えない奥二重になります。まぶたの脂肪の量でも一重まぶたか二重まぶたか奥二重かは左右されます。一重まぶたの人はまぶたの脂肪が多く、皮膚が分厚いため、シワが出来にくく二重線が付きにくいです。一重まぶたは先天性のものですが、急激な体重減少や、加齢によりまぶたの皮膚が薄くなることで後々二重まぶたになる人もいます。

プチ整形で、二重まぶたにすることが出来ますが、幅や見た目は「蒙古襞(もうこひだ)」によって変化します。蒙古襞とは目頭を覆っている皮膚のことをいいます。これがあることによって、目が小さく見える、左右の目が近づいて見えるなどのリスクがあります。しかし、蒙古襞は一重まぶた同様、寒さから身を守るために発達したものなので、メリットが多々あります。たるみにくく、クマが出来にくい強い目になれます。また、歳をとったときに蒙古襞があるほうが若く見られます。日本人の多くはこの蒙古襞があるため、二重まぶたでも平行型や、奥二重型が多いのです。蒙古襞がほとんどない欧米人の目元は平行二重がほとんどです。プチ整形では、蒙古襞を取り除かずに並行二重にすることが出来ます。一重まぶたと二重まぶたの違いは見た目の印象にありますが、役割や機能性に大きな違いはありません。

二重まぶたに関する施術の評価が高いクリニック

品川美容外科 福岡院

品川美容外科 福岡院

品川美容外科福岡院は、福岡県外からも多くの患者が二重まぶたのプチ整形を受けに訪れるクリニックです。リーズナブルな料金で痛みや腫れが少ないことが人気の理由です。院内は清潔で高級感溢れるホテルのような雰囲気です。待合室はプライバシーが配慮されているため、違う患者と顔を合わせることがなく、リラックスして通うことが出来ます。

公式サイトで詳しくチェック

おすすめ
共立美容外科 福岡院

共立美容外科 福岡院

アイプチでは二重まぶたにならなかった人も共立美容外科福岡院のプチ整形なら簡単に二重まぶたになれると評判です。「腫れない」「痛くない」プチ整形が話題ですが、不安な人はオプションを付けることで痛みや腫れがさらに軽減します。無料のカウンセリングは、じっくりと丁寧に説明してくれるため、安心して施術に臨めます。

詳しくチェック

おすすめ